ALT(GPT)の基準値と注意事項について

この話を知ってる?

ALT(GPT)の基準値

ALT(GPT)は、グルタミン酸ピルビン酸転移酵素とも呼ばれ、AST(GOT)と同じように、人間の体の構成成分であるアミノ酸の代謝に関与している酵素のことを言います。体中のあらゆる組織に存在していますが、特に、肝臓にたくさん存在していて、肝臓ほどではありませんが、心筋・骨格筋にも存在していると言われています。

AST(GOT)でも解説しましたが、ALT(GPT)は、肝機能の状態を判断する検査(血液検査)の指標となり、測定した数値によって肝臓の病気の有無が判断できます。肝臓の細胞の破壊が増えると、ALT(GPT)は、細胞から血液中へと移動します。つまり、血液検査によってALT(GPT)の血中濃度を測定することで、濃度が高かった場合に、肝臓に何か異常があると判断できるというわけです。

しかし、ALT(GPT)は、血液中に移動するスピードがAST(GOT)よりも遅いので長時間ALT(GPT)の数値が高い状態が続き、急性肝炎などの場合は、胆汁の色素であるビリルビン皮膚や粘膜に沈着した黄疸(おうだん)という症状が現れたりします。ALT(GPT)の検査は、血液検査が行われ、血液の成分である血清を自動分析器を使って調べます。

ALT(GPT)の基準値は、JSCC勧告法で5~30U/lと定められています。この数値の上昇度合いによって、急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・脂肪肝などの肝臓の病気を発見することができるようになっています。

ALT(GPT)測定による注意事項

ALT(GPT)測定値の目安は、AST(GOT)と同じで、数値が基準値以上の36~100ぐらいだと慢性肝炎・アルコール性肝炎・脂肪肝・肝硬変、101~499ぐらいの数値の場合は活動性慢性肝・肝臓がん、500以上の高い数値の場合は急性肝炎などの疑いがあります。

特に、ALT(GPT)とAST(GOT)の両方の数値が高い場合は、急性肝炎などを肝臓の病気を疑いが高くなります。そして、ALT(GPT)も心筋や骨格筋にも存在しますが、AST(GOT)ほどではないため、血液検査をした時にAST(GOT)の方がかなり数値が高ければ、急性心筋梗塞などの疑いが出てきます。

逆に、人工透析を受けている方や妊婦さんは、数値が基準値を下回ることもありますが、この場合は、経過観察で基準値に戻ります。ALT(GPT)測定による注意事項としては、AST(GOT)の注意事項の解説で、運動することでAST(GOT)の血中濃度に影響することから、検査の前日の運動はしない方が良いと説明しましたが、ALT(GPT)の場合は、運動による血中濃度への影響はないので、運動を控える必要はありません。

食事に関しても普段通り問題なく食べれます。あと、急性肝炎の発症の疑いがある場合は、発症から2週間くらいまでの経過が大切なので、続けて検査を受けなければならないということを頭に入れておきましょう。

項  目
詳  細
γ-GTP
γ-GTP(γ-GT)の基準値は、JSCC勧告法で男性は5~50U/l、女性は5~30U/lと定められています。アルコールが原因となって発生する脂肪肝は、γ-GTP(γ-GT)以外にも、AST(GOT)やALT(GPT)なども検査での数値が高くなりますが、食事などアルコールが原因でない脂肪肝の場合は、γ-GTP(γ-GT)は、あまり数値は高くならないのが特徴です。
もっと詳しい情報はコチラ
AST(GOT)
血液検査によって、AST(GOT)の血中濃度を測定した時、数値が基準値のを超えて36~100ぐらいまでの数値を示すと、慢性肝炎・アルコール性肝炎・脂肪肝・肝硬変などの疑いがある他、AST(GOT)は心筋や骨格筋などの細胞にもたくさん存在しているので、心筋梗塞などの疑いもあります。
もっと詳しい情報はコチラ
ALT(GPT)
ALT(GPT)測定値の目安は、AST(GOT)と同じで、数値が基準値以上の36~100ぐらいだと慢性肝炎・アルコール性肝炎・脂肪肝・肝硬変、101~499ぐらいの数値の場合は活動性慢性肝・肝臓がん、500以上の高い数値の場合は急性肝炎などの疑いがあります。
もっと詳しい情報はコチラ

肝臓の数値を下げる方法とは?

肝臓の働きを助ける or 肝臓の負担を減らす?

明らかに肝臓の病気では無く生活習慣が原因で肝臓の数値が高い人の多くは、アルコールの過剰摂取や薬物摂取が原因で肝臓の数値が高くなっているケースが多くなっています。 これはアルコールや薬物を肝臓が分解しているので負担が増えていることが原因になっています。

肝臓の負担を減らす!

もっとも有効な方法は、肝臓にかけている負担を減らすことです。アルコールが原因であれば飲酒する回数を減らす方法が有効ですし、薬物が原因であれば医師に相談する方法が有効です。 しかし、色々な事情により肝臓の負担を減らすことが出来ない場合は、肝臓の働きを助けるサプリメントを活用する方法もあります。

肝臓の働きを助け肝臓を強くする!

肝臓の負担を軽減できない場合は、肝臓の働きに大きく関わっているオルニチンを多く含む食べ物である「しじみ」を積極的に食べる方法が有効です。 オルニチンを摂取すると肝臓の働きを助けるだけでなく、肝臓を強くする効果もあるからです。しかし「しじみ」を毎日食べるのは難しいので、サプリメントを活用する方法がお勧めです。

当サイトはアフィリエイトプログラムによって運営されている為、 特定商取引に関する法律に基づく表記については、各販売店様のサイトにてご確認ください。 できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。 正確な表記をするよう心掛けていますが、値段などは各販売店様のサイトにて 再度ご確認いただきますようお願いいたします。 また、 当サイトのご利用により生じたいかなる損害において、弊社は一切責任を負いません。

  

このページの先頭へ