肝臓の働きと肝機能高める方法とは

この話を知ってる?

肝臓の働きとは?

肝臓は人間にとって最も重要な臓器で、血液で運ばれてくる物質に対して、生体の化学工場とも言われるように様々な反応が行われています。肝臓の主な働きは、代謝・解毒・胆汁の生成です。肝機能が低下すると、これらの働きが鈍くなり体の機能が正常に働かなくなってしまいます。

肝臓の働き【その1】代謝

食べ物から摂った栄養分を体内で使える形に変える

食事をして体内に入ってきた食べ物から摂った栄養分は、実は、そのままの形では吸収することができず、体内の各器官で使うことができません。しかし、肝臓の「代謝」という働きがあるおかげで、食べ物から摂り込んだ栄養分を体内の各器官で使えるように作り変えることができるのです。

食べ物を胃腸で消化・分解することでできた栄養分は、その後、肝臓に運ばれて代謝されて、体内の各器官で使える形に作り変えられた後、各器官や血液内へと運ばれて、エネルギー源などに使われるのです。因みに、肝臓では、ブドウ糖・タンパク質・脂肪などの栄養分が代謝されています。

必要時にいつでも使えるようにエネルギー源を貯蔵

肝臓には、体内に摂り込んだ食べ物から摂った栄養分を代謝という働きによって、体内で吸収されやすい形に作りかえることができますが、代謝によってできた栄養分のうち、体内の各器官で使われずに余ってしまう栄養分もでてきます。

肝臓では、この余った栄養分を代謝によって形を変えたエネルギー源という状態で貯蔵しておくことができるのです。このように、肝臓は人間のエネルギー源を蓄えておく貯蔵庫の役割があります。体内の各器官で使われている栄養分が足りなくなった場合に、必要に応じていつでもすぐに取り出して使えるように、エネルギー源を貯蔵しておけるのです。

ブドウ糖・タンパク質・脂肪などの栄養分を代謝

ブドウ糖は、グリコーゲンという形に作り変えられて、いつでも使えるように肝臓に貯蔵されています。そして、必要な時にブドウ糖に作り直して各器官に運ばれていきます。また、肝臓でブドウ糖が貯蔵されることで、血糖値が上昇しないように調整してくれたりもしています。

タンパク質は、小腸でアミノ酸に分解・吸収されてから肝臓へと運ばれて貯蔵され、体をあらゆる組織を構成しているタンパク質が必要な時に、アミノ酸を取り出してタンパク質に作り変えます。脂肪は、小腸で脂肪酸に分解・吸収されてから肝臓に運ばれて貯蔵され、必要に応じてエネルギー源として利用されます。

肝臓の働き【その2】解毒

体内に存在する有害物質を解毒する

私たちは食事などで栄養分を体内に摂り入れますが、体内に入ってくるものが栄養分のように人間の体に良い物ばかりとは限りません。食品には食品添加物が含まれている物もありますし、お酒を飲むことでアルコールなども体内に入ってきます。また、薬も人間の体には良い物ではありませんし、ばい菌なども気づかないうちに体内に取り込んでしまっています。

さらに、体内で作り出されるアンモニアといった有害物質もあります。このように、体内には様々な有害物質が存在しているため、これらの有害物質を体の外に排除してあげる必要があるのですが、肝臓には、これらの有害物質を無毒化する「解毒」という働きがあり、その後、体の外に排除してくれるのです。

アルコールを酵素の働きで分解して無毒化

飲食によって食品添加物などの有害物質が体内に入ってきますが、その代表的な物がお酒に含まれているアルコールではないでしょうか。肝臓は、お酒を飲んだ際に体内に入ってきたアルコールの解毒して害の無い物へと処理してくれます。

アルコールは肝臓において、アルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素という2つの酵素の働きによって無毒な酢酸という形に作り変えられた後、最終的には、炭酸ガスと水に分解されてからだの外に排出されるのです。

体内で作り出されるアンモニアを無毒化

有害物質は体の外から入ってくる物だけでなく、体内で作り出される物もあります。この体内で作られる有害物質の代表的な物がアンモニアです。食事によって摂取したタンパク質が腸内でアミノ酸に分解されることでアンモニアは作り出されるのですが、肝硬変などを発生して肝臓の機能が低下するとアンモニアが処理されずに血液中を通って脳に到達します。

すると、意識障害などの症状が見られる肝性脳症という脳の病気を引き起こしてしまいます。このような事態にならないために、肝臓では、有害なアンモニアを無害な尿素に処理されて、腎臓で尿になって体の外に排出されるのです。

肝臓の働き【その3】胆汁酸

食べ物に含まれる脂肪の消化吸収をサポート

肝臓で作られている胆汁は、食べ物に含まれている脂肪の消化吸収をサポートする黄緑色をした消化液のことを言います。胆汁は、約90%が水分でできていて、他に胆汁酸・コレステロール・ビリルビンなどの成分を使って肝臓で作り出されています。

肝臓で作り出された胆汁は、一時的に胆のうという小さな袋状の貯蔵庫に溜められて、約60mlほどの胆汁を溜めておくことができます。肝臓から作られた時の胆汁は水分が多く濃度は薄いのですが、胆のうに溜まっている時に、胆汁の構成成分の大部分を占めている水分が吸収されて、濃度が約5~10倍にまで濃縮されます。

胆汁が流れる経路とは?

胆汁は、肝臓で作り出された後、食事をせず食べ物が体内に入ってこない時は、肝臓から分泌されて、総肝管、胆管の順番で通り抜けて、胆汁の貯蔵庫としての役割を持つ胆のうの中に入って、必要時まで徐々に濃縮されながら溜められます。

そして、食事をして食べ物が体内に入ってきて十二指腸まで辿り着いた時、胆のうから胆汁が流れ出します。胆のうから流れ出して胆汁は、総胆管を通り抜けてそのまま十二指腸内に流れ出すと、食べ物と混ざり合って食べ物内に含まれている脂肪を吸収してくれるのです。また、胆汁は、脂溶性ビタミンの吸収もサポートします。

肝臓で処理された老廃物を排出

肝臓で作り出される胆汁には、食べ物の脂肪の消化吸収をサポートする働きがある以外に、古くなって破壊された赤血球などの老廃物を排出やコレステロールの濃度調節といった働きも持ち合わせています。肝臓で処理された古い破壊された赤血球はビリルビンという胆汁の構成成分で、そのまま胆汁に取り込まれたまま、体の外に排出されるのです。

また、コレステロールも胆汁を作り出す際の材料として使われています。肝臓で胆汁が作り出されるたびに材料としてコレステロールが必要になることから、血液中に含まれているコレステロールの濃度調節にも役立っています。

しじみ習慣で肝機能を高める方法

オルニチンが肝機能を回復する♪

しじみ習慣にはオルニチンが豊富に含まれています。オルニチンは遊離アミノ酸といって摂取されると腸で吸収され肝臓・腎臓・筋肉などに使われ肝機能を高める働きがあります。

肝臓にはアンモニアを解毒し尿素にして排出する働きがありますが、ここで活躍するのがオルニチンです。これをオルニチンサイクルといい肝臓全体の機能を保っています。

沈黙の臓器と言われる肝臓ですが、自覚症状がないので肝機能の低下は検査でもしない限り分りません。しかしアルコールを飲んだり疲れやすい人は肝機能が低下している可能性があります。

オルニチンを多く含む食材は「しじみ」です♪

このような場合、オルニチンを含む食品を多く食べると肝機能が回復すると言われています。オルニチンを多く含む食品はヒラメやキハダマグロですが最も多く含む代表的な食材は「しじみ」です。

毎日しじみを食べればオルニチンを豊富に摂取できるので、それだけ肝機能を高めることができます。しかし毎日しじみを食べるのは大変です。

そこで手軽にオルニチンを摂取する方法として「しじみ」を煮詰めて作られたサプリメント「しじみ習慣」を飲む方法が注目されています。人工的に作られたオルニチンではなく自然の栄養豊富なオルニチンを摂取することで肝機能を高める効果が期待できるのです。

  

このページの先頭へ