沖縄産の牡蠣が食べれる日が!カギを握るのは高校生

沖縄に旅行に来て、世界に通用するハイクオリティな沖縄産の牡蠣が食べれたら、楽しみがさらにもう一つ増えます。今回は、その日を実現するた為に真剣に取り組んでいる高校生達の話をしたいと思います。

実は沖縄はカキの養殖発症の地

多くの方が、沖縄の海は牡蠣の養殖には適してない。と思っているかと思います。ところが、沖縄の海にはカキが存在しています。

さらに、沖縄はカキの垂下養殖の発祥の地なんです。沖縄本島北部の大宜味村出身の水産事業家の宮城新晶さんが垂下式養殖を考案しました。宮城さんは24歳の時に渡米し牡蠣の養殖を学びます。そして、カナダで水産会社をおこし、1923年に沖縄に帰国し垂式牡蠣養殖法を開発します。

【垂下養殖とは?】
真珠貝や種ガキなどを、縄や針金で連結したり金網に入れたりして、支柱に渡した横木あるいは筏(いかだ)から水中につり下げて行う養殖法。 ※引用:コトバンク

沖縄のカキの養殖は関係者さえも、海水温が高いのでカキの養殖は向いていないと言う人が多いそうです。

ですが、牡蠣の養殖の事を本当に良く知り尽くした人がいうには、それは本土の品種のカキで養殖する事を前提に考えた場合の話なんだそうです。

そもそも、世界中の海(沿岸)があれば、ほとんどの海に牡蠣は存在するそうです。当然、入江の多い沖縄にも、その環境になじんだ本土とは別の品種の牡蠣が存在しているそうです。

実際に、沖縄の海には沖縄原種の牡蠣が15種類ほど存在していることが分かっています。つまり、沖縄でもカキの養殖は可能なんです。

そこで、沖縄原種のカキの養殖に真剣に取り組もうと立ち上がったのが、なんと!沖縄唯一の水産高校である沖縄水産高校のシーメンズクラブに所属する生徒たちです。

「沖縄カキ革命!目指せ世界ブランド」を目標に、昨年の2016年の8月に世界初の高校生による「カキの養殖プロジェクト」がスタートしました。

そして、今年も二期生が始動!

今年の生徒たちの目的は「沖縄原種の牡蠣を一から養殖すること。」

ゼロからスタートした高校生たちのカキ養殖プロジェクトに参加して指導してくれるのは日本のトップクラスのカキの養殖技術を持っている「(株)海男」の代表取締役の梅津聡さんです。

学生たちは、梅津聡さんを指導者として招いて合宿を行いカキの養殖を学びます。場所は沖縄北部の大宜味村塩屋です。

昨年からプロジェクトがスタートし、現在、カキの養殖を行っているのは合宿場に近い大宜味村の塩谷湾だけ。

そこには、昨年プロジェクトに参加した生徒たちが、沖縄産種のカキの卵を採取するために海に埋めていった貝殻があります。

今回、生徒たちはそれを海から引き揚げます。

船で貝殻を埋めた場所に行き引き揚げてみると、そこには沢山のカキが付着して育っていました。これが、正真正銘の沖縄原種の牡蠣です!

さらに、養殖場を増やすために

合宿に集まった生徒たちは、梅津さんの指導のもと養殖できる場所を新たに増やすことは出来ないか、新しい養殖場を捜すために塩谷湾の上流・下流・沖合に調査にむかいます。

海に潜って調査をすると、約10種類の牡蠣がいることが分かりました。今の場所以外でも牡蠣は育つ事と養殖場を増やす事は可能性が高いことが分かったのです。

生徒達は「沖縄でもカキの養殖が出来ることをみんなに知ってもらいたい。」と話します。

生徒の中には「沖縄の水産業のために何かがしたい。」という思いでこのプロジェクトに参加したと言う生徒もいて、そんな真っ直ぐな姿勢を感じ、カキの養殖プロジェクトを助けてくれる人が昨年よりも増えているそうです。

その中に、県の環境科学センターの方がいて、塩谷湾の水質の調査を行ってくれたそうです。

その結果、牡蠣のエサとなるプランクトンが豊富なことがわかり、牡蠣の養殖には適していることも分かったそうです。

今後の目標は「付着した牡蠣に身を入れてプリップリにすること。その為にこれからもデーター集めなど研究を続けてかんばります。」と、沖縄水産高校の生徒たちは目を輝かせていました。



牡蠣サプリ人気ランキング

製品名 海乳EX 海宝の力 レバリズム-L 牡蠣侍
Ranking 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
内容量 62粒 90粒 90粒 90粒
定期価格 1,949円 2,990円 3,980円 3,800円
イメージ 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
牡蠣の産地 瀬戸内海産 瀬戸内海産 岡山県産 瀬戸内海産
配合成分 牡蠣エキス 牡蠣エキス
しじみエキス
魚肉ペプチド
牡蠣エキス
しじみエキス
スクワレン
牡蠣エキス
天然タウリン
ウコン
えごま油
高麗人参
マカ
亜 鉛 亜鉛含有量の画像
12mg
亜鉛含有量の画像
17mg
亜鉛含有量の画像
不明
亜鉛含有量の画像
18mg
オルニチン オルニチン含有量の画像
-----
オルニチン含有量の画像
200個分
オルニチン含有量の画像
不明
オルニチン含有量の画像
-----
1日あたり 1日のコストの画像
約63円
1日のコストの画像
約97円
1日のコストの画像
約129円
1日のコストの画像
約127円
保  証 保証の画像
-----
保証の画像
10日間全額返金
保証の画像
-----
保証の画像
-----
初回価格 980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
公式ページ 詳細 詳細 詳細 詳細

最近の牡蠣サプリは、牡蠣エキスをベースに様々な有効成分が配合されています。 純粋に牡蠣だけを使ったサプリで最も人気があるのが、海乳EXです。 余分な成分を加えていないので、比較的コストもリーズナブルに設定されているのも人気の秘密です。

お酒を好む方に人気の牡蠣サプリ!

アンケート調査では、アルコールで弱った肝臓をケアしたい!というのが、牡蠣サプリを選んだ理由の第一位です。 しかし、牡蠣には亜鉛やタウリンが含まれていますが、肝臓に効くオルニチンは入っていません。 そのため、牡蠣エキスとしじみエキスを配合した海宝の力レバリズム-L が売れているようです。

また継続して使用するためには、牡蠣サプリの価格も判断材料になっています。

どんなに良い成分が入っていても、価格が高いのでは経済的負担も大きく続けられません。定期購入した場合の1日あたりのコストを比較してみると1日100円以内の牡蠣サプリが人気のようです。 どの商品も初回は1,000円程度で購入できますので、いくつかの商品を試して比較してみるのも賢い方法です。



ページの先頭へ