牡蠣の食中毒について

牡蠣の食中毒はノロウイルスが原因

牡蠣に当たると酷いことになるという話は聞いたことがあると思いますが、

腹痛を伴う下痢や発熱や嘔吐、だるさやむかつきという症状が数日間続きます。

 

牡蠣の食中毒の原因は、主にノロウイルスがです。

ノロウイルスに汚染された牡蠣を食べると、小腸の細胞内で増殖されます。

潜伏時間も人によりちがいますが、1日前後で、腹痛・嘔吐・下痢・発熱を起こします。

通常は3日程度で回復しますが、本人にすれば相当辛いと感じると思います。

 

では何故ノロウイルスが牡蠣に附着してしまうのでしょうか?

私達が勘違いしてしうのは「牡蠣の鮮度」ですが、

実は鮮度はウイルス性食中毒の主な原因ではありません。

 

問題は牡蠣そのものにノロウイルスが蓄積されているかどうかです。

ノロウイルスは牡蠣に入っても増殖せず、牡蠣の中腸線に溜まってしまうのです。

その牡蠣を食べると、人間の体内でノロウイルスが増殖してしまうのです。

 

つまり牡蠣が養殖されている海域の海水の環境が関係しているのです。

広島県で条例で審査基準をもうけて、指定海域内の塩分濃度・雑菌や大腸菌など

厳しい審査基準をクリアした環境で作られた牡蠣を生食可能としているのです。

 

さて牡蠣の食中毒の症状を整理すると・・・

 

●激しい嘔吐が続く

●強い腹痛をともなう

●38℃以上の発熱が続く

●10回以上の下痢が続く

 

このような症状が主な症状で、放置すると脱水症状を起こしてしまうので

スポーツドリンクなどをゆっくりと飲み脱水症状を回避しなければなりません。

 

この時むやみに下痢止めの薬を飲んでも、ウイルスが体内にいる限り

症状が治まることはありませんので、決して薬を飲んではいけません。

 

不安な方は、病院に行くことをお勧めしますが、ノロウイルスに効く薬はないので

病院でも絶食と脱水症状防止の点滴が施される対処療法が中心となります。

 

牡蠣の食中毒を予防する方法は、現段階ではありません。

不安な方は、加熱調理して食べる以外に防止できない状況であるのですが

牡蠣の美味しさを知ると生で食べたいと思うのが人情というものです。

 

このように食中毒の知識を持った上で、食べる覚悟が必要かも知れません。



牡蠣サプリ人気ランキング

製品名 海乳EX 海宝の力 レバリズム-L 牡蠣侍
Ranking 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
内容量 62粒 90粒 90粒 90粒
定期価格 1,949円 2,990円 3,980円 3,800円
イメージ 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
牡蠣の産地 瀬戸内海産 瀬戸内海産 岡山県産 瀬戸内海産
配合成分 牡蠣エキス 牡蠣エキス
しじみエキス
魚肉ペプチド
牡蠣エキス
しじみエキス
スクワレン
牡蠣エキス
天然タウリン
ウコン
えごま油
高麗人参
マカ
亜 鉛 亜鉛含有量の画像
12mg
亜鉛含有量の画像
17mg
亜鉛含有量の画像
不明
亜鉛含有量の画像
18mg
オルニチン オルニチン含有量の画像
-----
オルニチン含有量の画像
200個分
オルニチン含有量の画像
不明
オルニチン含有量の画像
-----
1日あたり 1日のコストの画像
約63円
1日のコストの画像
約97円
1日のコストの画像
約129円
1日のコストの画像
約127円
保  証 保証の画像
-----
保証の画像
10日間全額返金
保証の画像
-----
保証の画像
-----
初回価格 980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
公式ページ 詳細 詳細 詳細 詳細

最近の牡蠣サプリは、牡蠣エキスをベースに様々な有効成分が配合されています。 純粋に牡蠣だけを使ったサプリで最も人気があるのが、海乳EXです。 余分な成分を加えていないので、比較的コストもリーズナブルに設定されているのも人気の秘密です。

お酒を好む方に人気の牡蠣サプリ!

アンケート調査では、アルコールで弱った肝臓をケアしたい!というのが、牡蠣サプリを選んだ理由の第一位です。 しかし、牡蠣には亜鉛やタウリンが含まれていますが、肝臓に効くオルニチンは入っていません。 そのため、牡蠣エキスとしじみエキスを配合した海宝の力レバリズム-L が売れているようです。

また継続して使用するためには、牡蠣サプリの価格も判断材料になっています。

どんなに良い成分が入っていても、価格が高いのでは経済的負担も大きく続けられません。定期購入した場合の1日あたりのコストを比較してみると1日100円以内の牡蠣サプリが人気のようです。 どの商品も初回は1,000円程度で購入できますので、いくつかの商品を試して比較してみるのも賢い方法です。



ページの先頭へ