牡蠣サプリの免疫力を高める効果を徹底解説

滋養強壮に効果がある栄養素とは?

近頃、なんだか風邪が引きやすいかも・・・という方は、

免疫力が低下している恐れがあります。

免疫力とは、体内に侵入してくるウィルスのような外敵から

身を守る働きのことで、加齢や疲労による体力の低下によって、

免疫力は低下してしまうと言われています。

免疫力の低下を防ぐには、滋養強壮に効果がある栄養素を

含む食材を食生活に取り入れることが重要です。

中でも、亜鉛は、滋養強壮効果が高い栄養素として知られています。

亜鉛の働きには、免疫細胞の活動を活性化して自然治癒力を高めたり、

体内に溜まっている活性酸素を取り除く酵素の働きのサポートをするなど、

病気の予防や老化の防止に効果があります。

また、粘膜の健康維持に欠かせないビタミンAを体内に蓄えておくことが

できるので、ウィルスの侵入を防いで風邪の予防にもなります。

このように、亜鉛の滋養強壮効果によって、低下してしまった

免疫力をアップさせることができるのです。

そして、この亜鉛を豊富に含んだ食材が牡蠣なのです。

牡蠣エキスで免疫力をアップさせよう!

滋養強壮に良く、体力や疲労の回復の効果がある亜鉛を豊富に含んでいる

牡蠣を食べることで、免疫力アップにつなげることができます。

ただ、いくら牡蠣を食べれば良いとは言っても、

そんなに毎日のように牡蠣を食べることは難しくありませんか?

牡蠣が大好物という方でも、毎日食べている方は少ないはずです。

ならば、サプリメントを利用してみてはいかがでしょうか?

牡蠣サプリメントなら、牡蠣に豊富に含まれている亜鉛を1日数粒飲むだけで、

滋養強壮に効果によって免疫力をアップさせることができます。

最近、年のせいか体力の衰えが気になる・・・という方や、

ちょっと疲れ気味かな・・・という方は、

免疫力が低下して病気に掛かりやすい状態になっている可能性があるので、

牡蠣サプリメントを飲んで免疫力の強化に努めていくと良いでしょう。



牡蠣サプリ人気ランキング

製品名 海乳EX 海宝の力 レバリズム-L 牡蠣侍
Ranking 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
内容量 62粒 90粒 90粒 90粒
定期価格 1,949円 2,990円 3,980円 3,800円
イメージ 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
牡蠣の産地 瀬戸内海産 瀬戸内海産 岡山県産 瀬戸内海産
配合成分 牡蠣エキス 牡蠣エキス
しじみエキス
魚肉ペプチド
牡蠣エキス
しじみエキス
スクワレン
牡蠣エキス
天然タウリン
ウコン
えごま油
高麗人参
マカ
亜 鉛 亜鉛含有量の画像
12mg
亜鉛含有量の画像
17mg
亜鉛含有量の画像
不明
亜鉛含有量の画像
18mg
オルニチン オルニチン含有量の画像
-----
オルニチン含有量の画像
200個分
オルニチン含有量の画像
不明
オルニチン含有量の画像
-----
1日あたり 1日のコストの画像
約63円
1日のコストの画像
約97円
1日のコストの画像
約129円
1日のコストの画像
約127円
保  証 保証の画像
-----
保証の画像
10日間全額返金
保証の画像
-----
保証の画像
-----
初回価格 980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
公式ページ 詳細 詳細 詳細 詳細

最近の牡蠣サプリは、牡蠣エキスをベースに様々な有効成分が配合されています。 純粋に牡蠣だけを使ったサプリで最も人気があるのが、海乳EXです。 余分な成分を加えていないので、比較的コストもリーズナブルに設定されているのも人気の秘密です。

お酒を好む方に人気の牡蠣サプリ!

アンケート調査では、アルコールで弱った肝臓をケアしたい!というのが、牡蠣サプリを選んだ理由の第一位です。 しかし、牡蠣には亜鉛やタウリンが含まれていますが、肝臓に効くオルニチンは入っていません。 そのため、牡蠣エキスとしじみエキスを配合した海宝の力レバリズム-L が売れているようです。

また継続して使用するためには、牡蠣サプリの価格も判断材料になっています。

どんなに良い成分が入っていても、価格が高いのでは経済的負担も大きく続けられません。定期購入した場合の1日あたりのコストを比較してみると1日100円以内の牡蠣サプリが人気のようです。 どの商品も初回は1,000円程度で購入できますので、いくつかの商品を試して比較してみるのも賢い方法です。



ページの先頭へ