牡蠣サプリの貧血を予防する効果を徹底解説

貧血はなぜ起こるのか?

牡蠣の案内人 画像

貧血は、たくさんの血液が使われる妊娠や授乳を経験する女性に特に多く見られる

女性特有の症状とも言われ中でも多いのが、鉄が不足することによって起こる鉄欠乏性貧血です。

血液中には、酸素を体中の細胞に運ぶ役割がある赤血球が存在しますが、

この赤血球の量が減った状態が貧血なのです。赤血球を構成しているのがヘモグロビンという物質で、

このヘモグロビンのおかげで酸素が体中の細胞に運ばれています。

 

そして、ヘモグロビンを構成する主成分が鉄です。

鉄が不足するとヘモグロビンの量が減って運ばれる酸素の量も減ってしまうので、体中の各細胞で

酸素不足になり、立ちくらみや頭痛などの症状が見られる貧血になるというわけです。

 

また、銅の不足も貧血につながります。と言うのも、鉄がヘモグロビンに合成される際に

銅が欠かせない成分で、銅が不足してしまうとヘモグロビンの量も減ってしまうからです。

 

さらに、鉄欠乏性貧血以外に、悪性貧血という貧血もあります。

悪性貧血は、ビタミンB12や葉酸が不足することで起こる重度の貧血で、

ビタミンB12や葉酸は赤血球が合成される際の細胞分裂に欠かせない成分で、

不足することで正常な赤血球よりも巨大で、赤血球にまで成長できなかった

巨赤芽球ができることがありますが、この巨赤芽球は大抵の場合死滅してしまいます。

 

その結果、赤血球の量が減ってしまい、巨赤芽球性貧血という貧血が起こるのです。

つまり、貧血を予防するには、鉄や銅、ビタミンB12や葉酸などの

造血作用のある成分を補給しなければなりません。

 

造血作用がある成分を含む牡蠣エキスで貧血予防

貧血予防に有効な造血作用がある成分をたくさん補給できる食材があります。

 

それが、牡蠣です。牡蠣には、ヘモグロビンの合成に欠かせない

鉄や銅などのミネラルをはじめ、赤血球の合成に欠かせない

ビタミンB12や葉酸などの造血ビタミンがたっぷりと含まれています。

 

普通は、食事で牡蠣を食べて造血成分を摂取することが好ましいのですが、

毎日の食事では、正直言って間に合いません。

 

おそらく、食事でたくさん牡蠣を食べて造血成分を必要な量だけ

きちんと摂取できている方はほとんどいないと思います。

 

そこでオススメなのが、牡蠣エキス配合の「牡蠣サプリメント」です。

牡蠣サプリメントには、鉄・銅・ビタミンB12・葉酸などの造血作用が

ある成分がギュッと凝縮されているので、毎日少量のサプリメントを飲むだけで、

たくさんの造血成分を摂取することができます。

 

貧血予防や対策を手軽に行いたいという方は、牡蠣サプリメントをどうぞ。



牡蠣サプリ人気ランキング

製品名 海乳EX 海宝の力 レバリズム-L 牡蠣侍
Ranking 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
内容量 62粒 90粒 90粒 90粒
定期価格 1,949円 2,990円 3,980円 3,800円
イメージ 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
牡蠣の産地 瀬戸内海産 瀬戸内海産 岡山県産 瀬戸内海産
配合成分 牡蠣エキス 牡蠣エキス
しじみエキス
魚肉ペプチド
牡蠣エキス
しじみエキス
スクワレン
牡蠣エキス
天然タウリン
ウコン
えごま油
高麗人参
マカ
亜 鉛 亜鉛含有量の画像
12mg
亜鉛含有量の画像
17mg
亜鉛含有量の画像
不明
亜鉛含有量の画像
18mg
オルニチン オルニチン含有量の画像
-----
オルニチン含有量の画像
200個分
オルニチン含有量の画像
不明
オルニチン含有量の画像
-----
1日あたり 1日のコストの画像
約63円
1日のコストの画像
約97円
1日のコストの画像
約129円
1日のコストの画像
約127円
保  証 保証の画像
-----
保証の画像
10日間全額返金
保証の画像
-----
保証の画像
-----
初回価格 980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
公式ページ 詳細 詳細 詳細 詳細

最近の牡蠣サプリは、牡蠣エキスをベースに様々な有効成分が配合されています。 純粋に牡蠣だけを使ったサプリで最も人気があるのが、海乳EXです。 余分な成分を加えていないので、比較的コストもリーズナブルに設定されているのも人気の秘密です。

お酒を好む方に人気の牡蠣サプリ!

アンケート調査では、アルコールで弱った肝臓をケアしたい!というのが、牡蠣サプリを選んだ理由の第一位です。 しかし、牡蠣には亜鉛やタウリンが含まれていますが、肝臓に効くオルニチンは入っていません。 そのため、牡蠣エキスとしじみエキスを配合した海宝の力レバリズム-L が売れているようです。

また継続して使用するためには、牡蠣サプリの価格も判断材料になっています。

どんなに良い成分が入っていても、価格が高いのでは経済的負担も大きく続けられません。定期購入した場合の1日あたりのコストを比較してみると1日100円以内の牡蠣サプリが人気のようです。 どの商品も初回は1,000円程度で購入できますので、いくつかの商品を試して比較してみるのも賢い方法です。



ページの先頭へ