牡蠣サプリの亜鉛の効果を徹底解説

亜鉛は牡蠣に含まれる栄養成分で必須ミネラルです。亜鉛が不足すると様々な障害がありますが、摂り過ぎにも注意しなければなりません。亜鉛を多く含む食べ物から1日の摂取量、さらには亜鉛の効果や働きについて徹底解説いたします。

亜鉛とは?

亜鉛(Zn)は、ミネラルの中でも1日に必要とされる量が100mg未満の微量ミネラルに属します。 主に細胞が生まれ変わる新陳代謝に関わっており、皮膚や粘膜など健康維持には欠かせない栄養素です。 亜鉛は広く細胞全体に存在しDNAや蛋白質の合成に関与しています。

亜鉛は、日々の生活の中で消費されています。もともと体内で作れないミネラルなので、食べ物から補う必要がありますが、亜鉛は吸収しにくい栄養素です。 それに食えて食生活が偏ってしまう現代人の3人に1人が亜鉛不足と言われています。

亜鉛が不足すると

亜鉛が不足すると子供の場合だと成長障害や鉄欠乏性貧血を起こします。また大人の場合は、皮膚炎・脱毛症・味覚障害・インポテンツ 貧血や味覚異常、皮膚炎、うつ状態など様々な症状があらわれます。

 ●成長障害(子供)
 ●鉄欠乏性貧血(子供)
 ●味覚障害(成人)
 ●皮膚炎(成人)
 ●脱毛症(成人)
 ●インポテンツ(成人)  ●うつ病(成人)など

食事を摂っても美味しく感じなかったり、スタミナ不足や疲れやすさを感じたり、肌や髪の毛に若々しさがないなども、亜鉛不足の可能性があると言われています。

1日の亜鉛の摂取量とは?

厚生労働省が推奨している1日あたりの亜鉛の摂取量は、10~15mgと言われていますが、成人の男性と女性でも目安が違います。 一般的な目安は、成人男性の場合だと10mg、成人女性の場合だと8mgが必要量と言われています。 もちろん年齢や体格によって1日の摂取量は違いますが、亜鉛が不足しないように摂取する必要があります。

食事や食べ物で亜鉛を摂っている場合には、よほどのことが無いかぎり過剰摂取するようなことはありません。 逆に亜鉛は吸収しずらい栄養素で、食べた亜鉛の30%程度しか吸収できません。 そこで効率よく亜鉛を補うために牡蠣サプリを活用する方も増えています。

亜鉛を多く含む食べ物

亜鉛を多く含む食品とは、魚貝類、肉類、穀物ですが、断トツに多く含んでいるのが牡蠣です。 100gあたりの亜鉛含有量で言えば、魚介類では牡蠣の13.2mgが最も多く、肉類では豚のレバーが6.9mg、牛肉が4.6mg、穀類では大豆やえんどう豆にも含まれています。

亜鉛の過剰摂取に注意

効率よく亜鉛を摂取する方法としてサプリメントの活用もあります。しかし、亜鉛には強い毒性もあるので過剰摂取には注意が必要です。 バランスの良い食事に適量のサプリメントの使用であれば、まず過剰摂取になることはありません。



牡蠣サプリ人気ランキング

製品名 海乳EX 海宝の力 レバリズム-L 牡蠣侍
Ranking 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
内容量 62粒 90粒 90粒 90粒
定期価格 1,949円 2,990円 3,980円 3,800円
イメージ 濃縮牡蠣エキス【海乳EX】の画像 海宝の力の画像 しじみエキス&牡蠣エキス【レバリズム-L】の画像 牡蠣侍の画像
牡蠣の産地 瀬戸内海産 瀬戸内海産 岡山県産 瀬戸内海産
配合成分 牡蠣エキス 牡蠣エキス
しじみエキス
魚肉ペプチド
牡蠣エキス
しじみエキス
スクワレン
牡蠣エキス
天然タウリン
ウコン
えごま油
高麗人参
マカ
亜 鉛 亜鉛含有量の画像
12mg
亜鉛含有量の画像
17mg
亜鉛含有量の画像
不明
亜鉛含有量の画像
18mg
オルニチン オルニチン含有量の画像
-----
オルニチン含有量の画像
200個分
オルニチン含有量の画像
不明
オルニチン含有量の画像
-----
1日あたり 1日のコストの画像
約63円
1日のコストの画像
約97円
1日のコストの画像
約129円
1日のコストの画像
約127円
保  証 保証の画像
-----
保証の画像
10日間全額返金
保証の画像
-----
保証の画像
-----
初回価格 980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
980円
税込/送料無料
初回価格の画像
解約OK
公式ページ 詳細 詳細 詳細 詳細

最近の牡蠣サプリは、牡蠣エキスをベースに様々な有効成分が配合されています。 純粋に牡蠣だけを使ったサプリで最も人気があるのが、海乳EXです。 余分な成分を加えていないので、比較的コストもリーズナブルに設定されているのも人気の秘密です。

お酒を好む方に人気の牡蠣サプリ!

アンケート調査では、アルコールで弱った肝臓をケアしたい!というのが、牡蠣サプリを選んだ理由の第一位です。 しかし、牡蠣には亜鉛やタウリンが含まれていますが、肝臓に効くオルニチンは入っていません。 そのため、牡蠣エキスとしじみエキスを配合した海宝の力レバリズム-L が売れているようです。

また継続して使用するためには、牡蠣サプリの価格も判断材料になっています。

どんなに良い成分が入っていても、価格が高いのでは経済的負担も大きく続けられません。定期購入した場合の1日あたりのコストを比較してみると1日100円以内の牡蠣サプリが人気のようです。 どの商品も初回は1,000円程度で購入できますので、いくつかの商品を試して比較してみるのも賢い方法です。



ページの先頭へ